産業技術総合研究所   地質調査総合センター

三宅島空撮:2004年8月10日

                   by A.Tomiya (2004/8/12改訂)
観測時間  :2004年8月10日(火) 9:59〜10:16 および 13:05〜13:40(三宅島付近での滞空時間)
ヘリコプター:警視庁「おおとり6号」(JA6786)
搭乗者   :【火口観測班】東宮(産総研)/【COSPEC班】宮下・猪本(気象庁)/ほかクルー3名
行程:
  9:03 東京ヘリポート離陸
  9:59 三宅島上空到着
        |
      火口観測(9:59〜10:16)
        |
 10:28 新島空港着陸
     (給油・昼食等)
 12:48 新島空港離陸
        |
      COSPEC観測(13:05〜13:40)
        |
 13:44 三宅島上空離脱
 14:51 東京ヘリポート着陸

 #三宅島ヘリ観測について

写真をクリックすると,もっと大きな写真(80-270KB程度)が御覧いただけます.

○概況

三宅島全景(1) 北西5マイルより(2)

三宅島全景.北西の海上から見た様子((1)は12:57撮影,(2)は13:21撮影). 噴煙高度はカルデラ縁より最高1000m程度.


○カルデラおよび主火口

スオウ穴より(3) カルデラほぼ全景(4) 主火口全景(5)

(3) スオウ穴(カルデラ北西縁)付近から見たカルデラ(10:08撮影) 〜 cf. カルデラ全景がもっと良く分かる写真(注:2002/4/10撮影)
(4) 北縁から見たカルデラ(10:08撮影)
(5) 主火口全景.主火口はカルデラの南壁沿いにある.膨大な火山ガスはここから放出されている.(10:08撮影)

主火口(6) 主火口底のクローズアップ(7) 主火口を西寄りから(8) 主火口を西寄りから(8') 主火口を西寄りからアップ(9) 主火口を至近から(10) 主火口を至近から(10') 平坦で茶色を呈する楕円形の部分(11)

(6)-(11) 主火口のクローズアップ(10:07〜10:14撮影). 主火口は大まかには3つの領域に分けられるように見える(写真8'および写真10'の1,2,3番).青白い火山ガスは主に2番から出ている.また,3番は垂直に深い穴で,“竪穴”などと呼ばれることがある. 今回,主火口(の1番)の底に,湯だまりが干上がったようなもの(平坦で茶色を呈する楕円形の部分;写真11)が確認できた.

カルデラ底,西から(12) カルデラ底,北西から(13) 西壁とカルデラ底(14) 南東壁(15)

(12) 西から見たカルデラ底の全景.写真右側に主火口の火砕丘斜面が見えている.カルデラ底にあった水溜まりは干上がっていた.(10:13撮影)
(13) 北西から見たカルデラ底.(10:14撮影)
(14) カルデラ西壁とカルデラ底.(10:14撮影)
(15) カルデラ南東壁(10:07撮影)


○噴煙

南東5マイルより(16) 東5マイルより(17) 北東5マイルより(18)

(16)-(18) それぞれ南東,東,北東から見た三宅島.火口からの距離は5マイル. 写真17では青白い火山ガス(二酸化硫黄)が写真右方向に流れているのが分かる.写真18は青白い火山ガスの真下を通過したときの様子.(13:12〜13:18撮影)


○COSPEC観測

COSPEC調整中(19) COSPEC観測中(20)

(19) 二酸化硫黄の量を測る観測装置,COSPEC(紫外線相関スペクトロメータ).新島空港にて調整中の様子.(10:35撮影)
(20) COSPEC観測中の様子.筒の先を真上に向けて火山ガスの下を通過すると,ガスが濃いほど筒の中に入射する紫外線が弱まる.このときの紫外線の弱まり方から,ガスの濃さを測ることができる.(13:06撮影)
なお,下記の気象庁ページで確認したところ,この日の二酸化硫黄放出量は日量に換算して2,900〜3,800トンとのこと.
http://www.seisvol.kishou.go.jp/tokyo/320_Miyakejima/so2emission.htm(三宅島の二酸化硫黄放出量;気象庁のページ)


○山麓の様子

大路池,黄緑色(21) 伊ヶ谷の新港(22) 三池,三宅村役場付近(23)

(21) 大路池が黄緑色に濁っていた.以前にも観察されたように,藻が大量発生しているようだ.(10:11撮影)
(22) 伊ヶ谷(三宅島北西部)に建設中の新港.(10:10撮影)
(23) 三池(三宅島東部)の三宅村役場付近.(13:43撮影)


○その他

警視庁ヘリ(24) 東京ヘリポート(25)

(24) 本日お世話になった警視庁のヘリ「おおとり6号」.新島空港にて給油中.(10:35撮影)
(25) 本日のヘリの発着地である東京ヘリポート.(9:06撮影)

新島(26) 平成新島トンネル(27) 新島,白煙?(28)

(26)-(27) 新島.今年の4月に平成新島トンネル(写真27)が開通している.(10:27撮影)
(28) 新島南部東岸の崖.白煙のようなものが上がっている.微小な崩落が起こっていた?(12:53撮影)

What's this?(29) ワイヤー? パイプ?(10:13撮影)


----------
1.概況

天気は晴れ.カルデラ縁(標高700-800m )より300-400mの高さに
部分的に雲がかかるが,観測に支障無し.

風も弱く穏やか.当日の風は以下の通り:
・西南西10ノット(高度2500ft at 09:55 )
・西南西 5ノット(高度 300ft at 13:33 )

主火口を含め,カルデラ内がたいへん良く見えた.
火口からの白色噴煙量が少なかったため,火口の中まで良く見えた.
湯だまりが干上がったようなもの (?) を確認.

----------
2.噴煙・ガス

噴煙が火口から出た瞬間は,青白いガスが主体で,白色噴煙は少ない.
白色噴煙は,噴煙の上昇に伴い増えていき(水蒸気の凝縮が進行し),
雄山上空にかかる雲の層に突入するとさらに増加し,
雲を突き抜けてさらにもう少し上昇する.

噴煙の高度は,カルデラ縁より700〜1000m程度.
火口から出た噴煙は,ほぼまっすぐ上昇した後,
上空で東北東〜北東方向(赤場暁〜美茂井方面)にたなびきつつ
既存の雲と混じり合う.
青白いガスは,白色噴煙よりも拡散気味になりながら上空を流れていった.
(山麓には流れ下っていなかった.風が弱かったためであろう.)

----------
3.カルデラ内部・カルデラ縁

前回観測時から大きな変化はなかった模様.
なお,主火口の底に,湯だまりが干上がったようなもの(平坦で茶色な部分)
が確認できた.

カルデラ底の水溜まりはほとんど干上がっていた(7月27日と同様).
また,カルデラ壁が最近顕著に崩壊した跡は見当たらなかった.

----------
4.飛行コース等

火口観測:
高度2500ftでカルデラ縁に沿って南縁→西縁→北縁というコースをゆっくり2回.
南縁では,主火口をほとんど真上から覗き込むような形になった.
観測者は,命綱をつけ,右側のドアを全開にして観測.
この際に機内でも火山ガス臭(硫黄臭)を感じた.

COSPEC:
高度300ft・速度70ノットにて,
火口から5マイルの距離でのトラバースを2往復,同3マイルを1往復.
この間,ドアを半開していたが,火山ガス臭は感じなかった.

----------
5.その他

赤外線温度計による火口温度観測によれば,
温度は190℃であったとのこと(気象庁・宮下氏による).
また,COSPEC観測による二酸化硫黄放出量は,
8月11日に気象庁ページで確認したところ日量2,900〜3,800トンであった.

大路池が黄緑色に濁っていた.
以前にも観察されたように,藻が大量発生しているようだ.


以上
----------------------------------------------------------------------

 → 他の日のフライトの様子も見る

 → 三宅島火山のページ に戻る(本ページのお問い合わせ先もこちら)


Created:Aug.,11,2004