産業技術総合研究所   地質調査総合センター

三宅島空撮:2002年2月6日

                   by A.Tomiya (2002/02/6改訂)
現在,気象庁のアレンジにより,三宅島の上空に週に1回ヘリコプターを飛ばしており,
大学および産業技術総合研究所(旧・地質調査所)のスタッフがこれに搭乗して観測にあたっています.
原則的に,警視庁,東京消防庁,自衛隊,海上保安庁のヘリが交代で飛んでいます.

ここでは,2月6日に東宮により撮影された写真の一部を公開いたします.
小さな写真をクリックするともっと大きな写真(40-90KB程度)が御覧いただけます.
なお,写真の無断2次使用は御遠慮下さいませ.


<データ>
観測時間  :2002年2月6日(水) 10:51〜12:10(三宅島付近での滞空時間)
ヘリコプター:海上自衛隊「HSS-2B」(第51航空隊)
搭乗者   :古屋(東大震研)・東宮(産総研)・中堀 (気象庁)
       ほかクルー4名
行程:
 10:09 海上自衛隊厚木航空基地離陸
 10:50 三中ヘリポート着陸(古屋さん降機→島内にて重力測定)
 10:51    同   離陸
           |
      火口・COSPEC観測
           |
 12:10 三中ヘリポート着陸(古屋さん再搭乗)
 12:11    同   離陸
 13:00 海上自衛隊厚木航空基地着陸

○三宅島全景

DSCN2816m.JPG
2月6日の三宅島は山頂が雲に覆われており,カルデラ内部の様子は分からなかった. 白色の噴煙が雲を突き抜けて海抜1500m(+α)まで上昇していた.
(三宅島南西海上7マイルより11:30撮影)

○観測の様子

DSCN2817s.JPG白色噴煙の上昇の様子.噴煙高度はときおり2000m近くにも達していたようだ.(三宅島南西海上7マイルより11:30撮影)
DSCN2806s.JPG南側に流下した低層部の青白いガスの中を通過しようとしているところ.辺りが青白く霞んでいるのはガスのため.ガスの通過中にはヘリ機内でも二酸化硫黄臭がした.(三宅島南西海上5マイルより11:01撮影)
 
DSCN2820s.JPGDSCN2820s2.GIF青白いガスが2方向に流れる様子.低層部は南南西へ(写真の左手),高層部は南東へ(写真の右手),それぞれ流れている. (三宅島南海上7マイルより11:36撮影;海岸の右手の集落が坪田)

DSCN2814s.JPGCOSPEC(コスペック)観測中の気象庁スタッフ.COSPECとは二酸化硫黄(SO2ガス)の量を測る手法の1つで,ガスを通り抜けようとする光(紫外線)がガス中でどのくらい吸収されるかを調べるものである.COSPECに関しては右のページに解説がある: http://staff.aist.go.jp/kazahaya-k/(地調・風早氏のページ)

DSCN2822s.JPG DSCN2825s.JPG カルデラリム付近の様子.雲がかかっていてカルデラの様子は分からなかった.スオウ穴も雲の中(右写真ではかろうじてミソド穴までは見えている).
(左:カルデラの西側より12:00撮影,右:カルデラの北側より12:04撮影)

○その他

DSCN2794s.JPG本日お世話になった海上自衛隊のヘリ「HSS-2B」(第51航空隊).
DSCN2796s.JPG観測者は防水仕様の「ドライスーツ」を着込んで搭乗した.

----------
1.概況

天気は曇り.三宅島山頂部にも雲がかかっていた.
カルデラリムよりやや低所に雲底があり,カルデラ内部の状況は全く観測できず.

----------
2.噴煙・ガス

「白色の噴煙」がほぼ真上(やや東寄り)に上昇し,
山頂部にかかっていた雲を突き抜けていた.
噴煙頂部の高度は海抜1500m程度であったが,ときおり2000m近くにも達していたようだ.
噴煙は上昇後は東へたなびき,その後は雲と混じってしまい詳細はよくわからない.

「青白いガス」は,低層部では南南西方向(新澪池方向)に斜面に沿って流下し,
一方で高層部では南東方向(坪田方向)にたなびいていた.
このため,COSPECによるSO2濃度のピークも2つあるようにみえた.
(ピークは南東の方が高い.)

低層部のガスを横切る時には機内でもSO2臭を感じた.ただし,そのときでも
ガスセンサーの表示は「0ppm」のままだった(つまり2ppm未満).

----------
3.カルデラ内部・カルデラ縁

雲に阻まれて,カルデラ内部・カルデラ縁とも全く見ることができなかった.
(スオウ穴さえ確認できず.)

----------
4.飛行コース等について

古屋さん(重力観測)降機後,まずCOSPEC観測に入った.
島から5マイルの距離のトラバースを1往復(西→南→東→南→西)と,
同7マイルの距離のトラバースを1回(西→南→東)の,計3観測を行なった.

COSPEC観測終了後,火口観測にチャレンジするが,雲に阻まれ全く見えず.
(というか今回は,火口観測絶望とみて,COSPEC観測に大きく時間を割いていた.)

なお,
観測中はドアオープンであったが,
それに備えて観測者は「ドライスーツ(※)」を予め着込んでいた.

(※)防水仕様の"つなぎ".長靴と一体となっているほか,手首や首の部分がゴムで
  密閉されるようになっている.基地で貸与される.

以上
----------------------------------------------------------------------

 → 他の日のフライトの様子も見る

 → 三宅島火山のページ に戻る(本ページのお問い合わせ先もこちら)


Created:Feb.,6,2002