設楽地域の中部中新統火山岩類


図 20万の1地質図「豊橋および伊良湖岬」(牧本ほか,2004)から.15Ma (1500万年)前のカルデラ火山の内部構造の上部やそれを切る岩脈岩床群が見える.

20万の1地質図「豊橋および伊良湖岬」(牧本ほか,2004)の解説から:本岩類は,その分布と岩石学的特徴から瀬戸内火山岩類の一部と考えられ,13-15MaK-Ar年代が報告されている(Tsunakawa et al., 1983;杉原,2002).本岩類は,愛知県設楽地方を中心にコールドロン構造をもち,南端が中央構造線付近に至る設楽火成複合岩体(設楽火山岩団体研究グループ,1979;古儀,1983;高田,1987),大峠付近を中心に発達しコールドロン構造をもつ大峠火山岩体(大峠環状複合岩体)(沢井,1979;高田,1987;下司,2003),津具から根羽,茶臼山付近に散在する津具火山岩類(久野,1954)に区分される.設楽火成複合岩体では2回のカルデラ形成があり,設楽火成複合岩体と大峠火山岩体では,カルデラ形成後に多くの岩脈や岩床の貫入があった.本岩類を形成した火山活動については,大峠火山岩体の岩脈や岩床をもたらしたマグマ供給系の岩石学的モデルが提案され(Geshi,2000; 2005),また日本海拡大に関したテクトニクスの観点からも検討されている(Hoshi,2002).








参考文献

Geshi, N. (2000) Fractionation and magma mixing within intruding dike swarm: evidence from the Miocene Shitara-Otoge igneous complex, central Japan. Jour. Volcanol. Geotherm. Res., vol.98, p.127-152.

下司信夫(2003) 愛知県設楽地域に分布する中期中新世大峠火山岩体の構造発達過程とそのマグマ供給系.地質学雑誌、vol.109, p.580-594.

Geshi, N. (2005) Structural development of dike swarms controlled by the change of magma supply rate: the cone sheets and parallel dike swarms of the Miocene Otoge igneous complex, Central Japan. our. Volcanol. Geotherm. Res., vol.141, p.267-281.

星博幸・伊東宣貴・本山功 (2000) 愛知県設楽地域に分布する北設亜層群の地質,放散虫化石,および地質年代.地質雑,vol.106, p.713-726.

星博幸・横山実穂 (2002) 東海地方設楽地域,中新世平行岩脈群の古地磁気からみた本州中央部のテクトニクス.愛知教育大学研究報告,vol.51, p.47-55.

Hoshi, H., Yokoyama, M. (2002) Paleomagnetism of Miocene dikes in the Shitara basin and the tectonic evolution of central Honshu, Japan. Earth Planets Space, vol.53, p.731-739.

Kato, Y. (1962) On the structural development of the Shidara basin. Jour. Earth. Sci. Nagoya Univ., vol.10, p.51-69.

古儀君男 (1983) 設楽火山岩体の地質と構造.地質雑,  vol.89, p.487-500.

久野久 (1954) 火山及び火山岩.岩波書店,東京,283p.

Kuno, H. (1960) High-almina basalt. Jour. Petrol., vol.1, p.121-145.

Kutsukake, T. (1977) Petrogical studies on the Pyoke metamorphic rocks in the Toyonemura area, Aichi Prefecture, Japan. Mem. Fac. Sci. Kyoto Univ., Ser. Geol. Miner., 18, 49-110.

牧本博,山田直利,水野清秀,高田亮,駒沢正夫,須藤定久(2004)20万分の1地質図幅「豊橋及び伊良湖岬」,地質調査総合センター.

斉藤正次 (1955)  5万分の1地質図幅「三河大野」および同説明書.地質調査所.

沢井 誠 (1979) 設楽盆地北部にみられる大峠陥没盆地.地質学論集, vol.16, p.77-85.

Sawai, M., and Shimazu, M. (1979) A trachyte dike in the northern part of Shidara area, Aichi prefecture, Japan. Jour. Japan Assoc. Min. Petr. Econ. Geol., vol.74, p.68-78.

設楽火山岩団体研究グループ (1979) 愛知県設楽火山岩類の火山層序(既報). 地球科学, vol. 33, p.129-136.

杉原孝充・藤巻宏和 (2002) 愛知県設楽地域に分布する瀬戸内火山岩類のK-Ar年代.岩鉱,vol.31, p.15-24.

高田亮 (1987) 愛知県設楽地方の大峠環状複合岩体中に存在するコールドロンの構造.地質雑,vol.93, p.107-120.

高田 亮 (1987) 設楽火成複合岩体の発達史とコールドロンの構造.地質雑,vol.93, p.167-184.

Takada, A. (1988) Subvolcanic structure of the central dike swarm associated with the ring complexes in the Shitara district, central Japan. Bull. Volcanol., vol.50, p.106-118.

Tsunakawa, H., Kobayashi, Y. and Takada, A. (1983) K-Ar ages of dikes in Southwest Japan. Geochem. Jour., vol.17, p.265-268.

浦川洋一・横山良哲 (1981) 設楽盆地中央部にみられる安山岩岩脈とその成因について.鳳来寺山自然科学博物館館報, vol.10, p.1-14.