高田 亮 文献

2014.1.23現在:合計142

1.原著論文(査読有り)46件

Takada, A., Mannen, K., Yamamoto, T., B03: Fuji and Hakone Volcanoes: Typical stratovolcanoes in Japan, Field Trip Guidebook, IAVCEI 2013 Kagoshima, 2013. Bull. Volcanol. Soc, Jpan, vol.2 (CD-BOOK), 26p. 2013.

山元孝広,中野俊,高田 亮,小林淳,富士火山東斜面における最新期火山噴出物の層序,地質調査研究報告,62,11/12,405−424, 2011.

高田亮,インドネシア・スンダ弧におけるカルデラ噴火とカルデラ火山の特徴,地質学雑誌,116,473-783, 2010.

坂本正夫,高田亮,長野県南部,中新世根羽火山群の分布と活動様式.地質調査研究報告,61,1/2,39-56, 2010.

Takada, A., Mannen, K., Ukawa, M., Chiba, T.: Fuji and Hakone Volcanoes, Field Trip Guidebook Cities on Volcanoes 5 Conference, Volcanol. Soc. Japan, 41p, 2007.

山元孝広,石塚吉浩,高田 亮,富士火山南西麓の地表および地下地質:噴出物の新層序と化学組成変化.富士火山(荒牧重雄・藤井敏嗣・中田節也・宮地直道編集),山梨県環境科学研究所,97-118,2007.

高田亮,石塚吉浩,中野俊,山元孝広,小林淳,鈴木雄介,噴火割れ目が語る富士火山の特徴と進化.富士火山(荒牧重雄・藤井敏嗣・中田節也・宮地直道編集),山梨県環境科学研究所,183-202,2007.

山元孝広,石塚吉浩,高田 亮,宮地直道,田島靖久,富士火山西斜面で発生した玄武岩質火砕流の特性とその起源.富士火山(荒牧重雄・藤井敏嗣・中田節也・宮地直道編集),山梨県環境科学研究所,245-254,2007.

高田亮,小林淳,富士火山南山腹のスコリア丘トレンチ調査による山腹噴火履歴,地質調査研究報告,57,329-356,2007.

石塚吉浩,高田 亮,鈴木雄介,小林 淳,中野 俊,トレンチ調査から見た富士火山北~西山腹におけるスコリア丘の噴火年代と全岩化学組成.地質調査研究報告,57,357-376,2007.

鈴木雄介,高田 亮,石塚吉浩,小林 淳,トレンチ調査による新期富士火山北西山腹の噴火史の再検討.地質調査研究報告,57,377-386,2007.

中野俊,高田亮,石塚吉浩,鈴木雄介,千葉達郎,荒井健一,小林淳,田島靖久, 富士火山,北東麓の新期溶岩流及び旧期火砕丘の噴火年代.地質調査研究報告,57,387-408,2007.

Kobayashi, M. , Takada, A., and Nakano, S. , Eruptive history of Fuji Volcano from AD 700 to AD 1000 using stratigraphic correlation of Kozushima-Tenjosan Tephra, Bull. Geol. Surv. Japan, 57, 11/12, 409-430,2007.

Yamamoto, T., Takada, A., Ishizuka, Y., Miyaji, N., Tajima, Y. :Basaltic pyroclastic flows of Fuji volcano, Japan: characteristics of the deposits and their origin,Bull. Volcanol., 67, 622-633, 2005.

山元孝広,高田亮,石塚吉浩,中野俊:放射性炭素年代測定による富士火山噴出物の再編年.火山,50.53-70, 2005.

高田亮:玄武岩質火山成長に伴うカルデラ形成ー重力崩壊モデルー, 地学雑誌,110, 245-256, 2001.

宇都浩三,風早康平,斎藤元治,伊藤順一,高田亮,ほか8名:三宅島火山2000年噴火のマグマ上昇モデル,地学雑誌,110, 257-270,2001.

高田亮,ほか10名:有珠火山2000年噴火の噴煙高度変化速報(4月16日-13日),地質調査研究報告,52,4/5,199-206,2001.

宝田晋治,西祐司,高田亮,松島喜雄,風早康平:有珠火山2000年噴火の噴煙観測装置,地質調査研究報告,52,4/5,181-187,2001.

宝田晋治,吉本充宏,北川淳一,平賀正人,山元孝広,川邊禎久,高田亮,ほか19名:有珠火山2000年噴火の降灰と火口近傍の状況,地質調査研究報告,52,4/5,167-179,2001.

浦井稔,川邊禎久,伊藤順一,高田亮,加藤雅胤:有珠火山2000年噴火の噴煙観測装置,地質調査研究報告,52,4/5,189-197,2001.

高田亮,山元孝広:富士宮地質図幅による富士火山調査計画,地質調査所月報,51,451-457,2000.

Takada, A.Variations in magma supply and magma partioning: the role of tectonic settings. J. Volcanol.Geotherm. Res., 93, 93-110., 1999.

Watanabe, K., Ono, K., Sakaguchi, K., Takada, A., Hoshizumi, H. :Co-ignimbrite ash-fall deposits of the 1991 eruptions of Fugen-dake, Unzen Volcano, Japan, J. Volcanol. Geotherm. Res., 89, 95-112, 1999.

Takada, A. :Cyclic flank-vent and central-vent eruption patterns. Bull. Volcanol., 58: 539-556,1997.

高田亮:マグマ供給システムの自己制御機構ー観測量と力学的モデルとの比較ー,地質学論集,46, 13-28,1996.

Takada, A. :Evolution on the growth of a volcano with the cyclic activity of flank and central eruptions, Volcano in Town, Spec. Volume (Extended Abstracts), Periodico di Mineralogia, 64, 279-283,1995.

Takada, A.:Development of a subvolcanic structure by the interaction of liquid-filled cracks. J. Volcanol. Geotherm. Res., 61: 207-224,1994.

Takada, A.The influence of regional stress and magmatic input on styles of monogenetic and polygenetic volcanism. J. Geophys. Res., 99: 13563-13573,1994.

Takada, A.Accumulation of magma in space and time by crack interaction. In: M. P. Ryan (Editor), Magmatic Systems. Academic Press, San Diego, California, pp. 241-257,1994.

Koyaguchi, T. ,Takada, A.: An experimental study on the formation of composite intrusions from zoned magma chambers. J. Volcanol. Geotherm. Res., 59, 261-267,1994.

高田亮:珪長質マグマの発生と上昇,マグマ溜り,地質学論集,43, 1-19,1994.

高田亮:クラックの相互作用からみた玄武岩質火山,火山,39, 155-168,1994.

高倉伸一,小川康雄,中塚正,高田亮:伊豆大島小清水井周辺の比抵抗構造,地質調査所月報,44,1-10,1993.

Takada, A, Oshima, O., Aramaki, S., Ono, K., Yoshida, T., and Kajima, K. :Geology of Aogashima volcano, Izu Islands, Japan. Bull. Volcanol. Soc. Japan, 37, 233-250,1992.

Yamamoto, T., Soya, T., Suto, S., Uto, K., Takada, A., Sakaguchi, K., Ono, K. :The 1989 submarine eruption off eastern Izu Peninsula, Japan, Bull Volcanol, 53, 301-308,1991.

Takada A.:Experimental study on propagation of liquid-filled crack in gelatin: shape and velocity in hydrostatic condition. J. Geophys. Res,1990.

Takada, A.Magma transport and reservoir formation by a system of propagating cracks. Bull. Volcanol., 52: 118-126,1989.

Takada, A. :Subvolcanic structure of the central dike swarm associated with the ring complexes in the Shitara district, central Japan. Bull. Volcanol., vol.50, p.106-118,1988.

中野俊,山元孝広,高田亮,曽屋龍典:伊豆大島火山後カルデラ期割れ目噴火噴出物の化学組成,火山,33,31-35,1988.

阪口圭一,高田亮,宇都浩三,曽屋龍典:伊豆大島火山1986年噴火噴出物,火山,33特集号,20-31,1988.

高田亮:愛知県設楽地方の大峠環状複合岩体中に存在するコールドロンの構造.地質雑,vol.93, p.107-120,1987.

高田 亮:設楽火成複合岩体の発達史とコールドロンの構造.地質雑,vol.93, p.167-184,1987.

早川由紀夫,荒牧重雄,高田亮ほか10名:伊豆大島11月15-17日噴火によるスコリア・火山毛降下,火山,32,259-262,1987.

早川由紀夫,荒牧重雄,白尾元理,小林哲夫,徳田安伸,津久井雅志,加藤隆,高田亮,ほか6名:1983年10月3・4日三宅島火山噴出の降下火砕物,火山,29 三宅島特集号,S208-220,1984.

Tsunakawa, H., Kobayashi, Y.,Takada, A.:K-Ar ages of dikes in Southwest Japan. Geochem. Jour., 17, 265-268,1983.


2.原著論文・報告(査読なし)66件

Takada, A. Azuma, T. (2012) Guidebook for the G-EVER 1 Field Trip, Fuji volcano and Active faults, 34 p, 2012.

高田亮2010)印野丸尾調査報告 .天然記念物「駒門風穴」及び「印野の熔岩隧道」保存管理計画,静岡県,62-69.

杉山雄一,水野清秀,狩野謙一,村松 武,松田時彦,石塚 治,及川 輝樹 ,高田亮,ほか6名,(2010)20万分の1地質図幅「静岡及び御前崎」 産総研地質調査総合センター.

Takada, A(2009) Analog Experiments on Volcanology for Outreach. 2008 APEC-ISTWG Human Capacity Building for Natural Hazard Mitigation in Cities and Coastal Region , APEC Industrial, Science and Technology Working Group Working Group, 846- 856.

Takada, A. (2009) 2008 APEC Training Course Field Seminar Nov.20-22, 2008. 2008 APEC-ISTWG Human Capacity Building for Natural Hazard Mitigation in Cities and Coastal Region , APEC Industrial, Science and Technology Working Group Working Group, 857- 879.

高田亮,竹内晋吾,並木敦子(2009)つくば市の学校教員との火山実験.地質ニュース, 実業広報社 ,643,12 -14 .

高田亮,内田洋平:タイ王国鉱物資源局との協力協定締結,GSJ New Letter No.41,2008

高田亮,竹内晋吾,並木敦子:つくば市の学校教員との火山実験,地質ニュース,643, 12-14,2008.

内田洋平,高田亮APEC-ISTWG Training Course 「Human capacity building for natural resources development and its environmental impacts」の実施について,GSJ New Letter No.40,2008

内田洋平,高田亮:マレーシア・ランカウイ島におけるジオパーク構想,地質ニュース,637 ,38-43, 2007 

高田亮:第3回CCOP国内支援委員会開催,GSJ New Letter No.35,2007

内田洋平,高田亮CCOP 第49 回管理理事会報告,GSJ New Letter No.32,2007

下司信夫、鬼澤真也、高田亮、浦井稔、土志田潔:CCOP・GSJ/AIST共催,第3回火山災害軽減のためのワークショップ及び巡検参加報告、地質ニュース、 631, 42-49, 2007

高田亮,中野俊,小林淳,巻頭言:特集「トレンチ調査による富士火山の噴火史の高精度化」,地質調査研究報告,57,327-328,2007

高田亮:「マグマの上昇と噴火」のアナログ実験:地球がゼラチンにマグマが油に ,地質ニュース、627, 7-12, 2006

高田 亮,村尾 智:CCOP第43回年次総会・第48回管理理事会、GSJ New Letter No.27/2006.

高田 亮,浦井 稔,下司 信夫,鬼沢 真也:第3回CCOP火山災害軽減のための野外ワークショップ、GSJ New Letter NO.24 2006

高田亮:パキスタン地質調査所所長来所,GSJ New Letter、NO.25 2006

高田 亮,川辺 禎久,古川 竜太,七山 太,下司 信夫,竹内 晋吾,及川 輝樹「つくばで火山を噴火させよう」させよう、GSJ New Letter、NO.23 2006

牧本 博,山田直利,水野 清秀,高田亮,駒澤 正夫,須藤 定久(2005)20万分の1地質図幅「豊橋及び伊良湖岬」.産総研地質調査総合センター.

高田亮:産総研一般公開 「アナログ実験マジックで噴火の謎を考えよう」報告 GSJ Newsletter: no.11, 3,2005.

高田亮:第1回CCOP火山災害軽減のための野外ワークショップ GSJ Newsletter: no.4, 9-10,2005.

高田亮:第1回CCOP火山災害軽減のための野外ワークショップ,地質ニュース.608,18-20,2005.

高田亮:ハワイ島の2つの巨大火山 ~世界最高峰と世界最大の火山~ ,理科教育ニュース,少年写真新聞社 , 616,1,2005.

高田亮:マグマの上昇から噴火へのメカニズム,AIST Today, v4, n12, 8-9,2004.

高田亮,石塚吉浩,中野俊,小林淳,鈴木雄介,荒井健一,千葉達朗:富士火山の噴火様式の進化(予報),月刊地球,号外48,108-117, 2004.

鈴木雄介,高田亮,石塚吉浩,小山真人:トレンチ調査による新期富士火山北西山腹の噴火史,月刊地球,号外48,118-123, 2004.

牧本博,山田直利,水野清秀,高田亮,駒沢正夫,須藤定久:20万分の1地質図幅「豊橋及び伊良湖岬」,地質調査総合センター,2004.

川邊禎久,宮城磯治,東宮明彦,下司信夫,伊藤順一,篠原宏志,高田亮,石塚治 三宅島2000年噴火ーヘリ観測記録2002年1月~12月,地質調査総合センター研究資料集,415, 2004.

高田亮:富士山の地質総合的研究:進化する火山の中長期予測のために,2003, AIST Today, v3, n10, 14, 2003

高田亮:富士山とは,富士山特集 地質ニュース,590,14-16, 2003.

高田亮:アナログ実験で火山と遊ぼう,地質ニュース,地質調査総合センター,591,24-27, 2003.

石塚吉浩,高田亮,中野俊,河村幸男,谷田部信郎 :富士山はどんな活動をしてきたか?ー富士火山の活動史ー,富士山特集 地質ニュース,590,17-2,2003.

石塚吉浩,中野俊,高田亮,須藤茂:富士山の地質見学案内,富士山特集 地質ニュース,591,1-4, 2003.

石塚吉浩,中野俊,高田亮,須藤茂,吉本充宏,谷田部信郎 :富士山模擬登山ーパソコンでみる富士火山地質観察ポイントー,地質ニュース,591,16-18,2003.

須藤茂,高田亮,ほか10名:あれも富士山,これも富士山,地質ニュース,591,41-56,2003.

須藤茂,高田亮,ほか2名:産業技術総合研究所における富士山の最近の調査研究例紹介,地質ニュース,590,3-4, 2003.

川邊禎久,宮城磯治,須藤茂,東宮明彦,伊藤順一,中野俊,斎藤元治,高田亮,ほか6名:三宅島ヘリ観測記録:2001年4月~12月分,地質調査総合センター研究資料集, 2003.

川邊禎久,宮城磯治,東宮明彦,伊藤順一,中野俊,高田亮,ほか 三宅島2000年噴火ーヘリ観測編?,地質ニュース,574, 10-15, 2002.

山元孝広,高田亮,下川浩一 : 富士火山の岩屑なだれ,月刊地球,279,640-644, 2002.

伊藤順一,高田亮,濱崎聡志:三宅島2000年8月18日噴火イベントの経過と噴出物,噴火予知連会報,気象庁,78,98-103, 2002.

宮城磯治,東宮明彦,星住英夫,伊藤順一,川邊禎久,佐藤久夫,斎藤元治,濱崎聡志,中野

高田亮,ほか4名,三宅島2000年噴火 ー噴出物編ー,地質ニュース.557,7-13, 2001.

高田亮,山元孝広:火成活動の長期変動,地質調査所速報EV/01/1,85-88, 2001.

高田亮,山元孝広,伊藤順一:長期火山活動データベースの構築,地質調査所速報EV/01/1,28, 2001.

中野俊,宮城磯治,伊藤順一,川邊禎久,濱崎聡志,高田亮,ほか2名: 三宅島ヘリ観測記録,2000年10分.地質調査総合センター研究資料集,2001.

高田亮:玄武岩質火山の比較研究からみた富士火山の進化段階,月刊地球,254,529-539, 2000.

高田亮:珪長質マグマの輸送メカニズム, 月刊地球,号外 花崗岩研究の最前線,30, 98-104, 2000.

東宮昭彦,小屋口剛博,高田亮:火道の形状と形成過程およびその噴火時のふるまい,月刊地球,250,30, 219-224,2000.

Takada, A., Yamamoto, T., Kartadinata, N., Budianto, A., Munandar, A., Matsumoto, A., Suto, S. and Campos Venuti, M. :Eruptive history and magma plumbing system of Tambora volcano, Indonesia, Report of ITIT Projects, Research on Volcanic Hazard Assessment in Asia (アジア地域における火山災害予測技術に関する報告書,地質調査所), 42-79,2000.

Matsumoto, A., Takada, A. :K-Ar ages determination of lavas around Tambora volcano, Indonesia, 同上,83-85.,2000.

Yamamoto, T., Takada, A., Munandar, A. T., Kartadinata, N., Budianto, A. :Stratigraphy of the 1815 deposits of Tambora volcano, Indonesia,同上,80-82, 2000.

Takada, A., Sinulingga, I.1, Surmayadi, M.1 and Urai, M. :Comparison among volcano complexes with a caldera and without a caldera,East Java (Preliminary report), 同上,93-115, 2000.

Takada, A. :Physical Experiments. Analog experiments of magma ascent using gelatin. The group training course in volcanology, JICA, 1997.

高田亮:クラックによるマグマの上昇.みえないものをみようとするアナログ実験.科学,65,673-685,1995.

高田亮:サドベリー隕石孔訪問記,惑星火山学入門,日本火山学会,91-103, 1995.

高田亮・村上文敏・湯浅真人 :青ケ島および伊豆諸島南方海底火山地質図.地質調査所,火山地質図7,1994.

高田亮:サドベリー隕石孔訪問記,惑星地質ニュース,v.5,n.1,1-6,1993.

高田亮:青ヶ島の地質,伊豆諸島における火山噴火の特質および火山防災に関する調査研究資料集, 地学編,東京都防災会議,65-112,1992.

高田亮:マグマで満たされたクラックの輸送過程からみた火山の形成・発展機構,月刊地球,13, 332-340,1991.

高田亮,湯浅真人:20万分の1地質図「八丈島」,地質調査所,1990.

高田亮:青ヶ島の地質,伊豆諸島における火山噴火の特質等に関する調査・研究報告書, 青ヶ島編,東京都防災会議,25-44,1990.

高田亮:青ヶ島火山(口絵写真解説),火山,34, 177-179,1989.

高田亮:個々のメカニズム解明から全体の火山システム構築へ,火山,34, 283,1989.

曽屋龍典,宇都浩三,山元孝広,須藤茂,富樫茂子,中野俊,阪口圭一,吉川清志,水野清秀,高田亮,小野晃司:1989年7月の伊豆東方沖海底火山噴火と噴出物ー正体を現した群発地震の黒幕ー,地質ニュース,422,14-26,1989.

遠藤秀典,高田亮,阪口圭一,小川康雄,高倉伸一:1987年11月16日 伊豆大島火山の噴火,地質ニュース,401,52-59,1988.


3.著書・公開報告書 25件

高田亮,青ヶ島噴火(天明5年3月),日本歴史災害事典,北原糸子・松浦律子・木村玲欧(編),吉川弘文館,265-266,2012.

高田亮,火山としての富士山,理科教員研修会ー体験で学ぶ火山ー 実施報告書2012年度 , 山梨県環境科学研究所・山梨県教育委員会 ,15-25, 2012.

高田亮,林信太郎,荒牧重雄,アナログ実験テキスト,理科教員研修会ー体験で学ぶ火山ー 実施報告書2012年度 , 山梨県環境科学研究所・山梨県教育委員会 ,33-41,51-90, 2012.

高田亮,街角火山学, 理科教員研修会ー体験で学ぶ火山ー 実施報告書2012年度 , 山梨県環境科学研究所・山梨県教育委員会 ,91-94, 2012.

高田亮,火山としての富士山,理科教員研修会ー体験で学ぶ火山ー 実施報告書2011年度 , 山梨県環境科学研究所・山梨県教育委員会 ,13-24, 2011.

高田亮,林信太郎,荒牧重雄,アナログ実験テキスト,理科教員研修会ー体験で学ぶ火山ー 実施報告書2011年度 , 山梨県環境科学研究所・山梨県教育委員会 ,43-97,113-114, 2011.

高田亮,身の回りの地学現象を探せ! ,理科教員研修会ー体験で学ぶ火山ー 実施報告書2011年度 , 山梨県環境科学研究所・山梨県教育委員会 ,113-114, 2011.

高田亮,実験のマジックで楽しむ火山噴火.第17回火山学会公開講座「火山学者と火山を作ろう!in 京都」,日本火山学会,1-14,2010.

高田亮,火山としての富士山,理科教員研修会ー体験で学ぶ火山ー 実施報告書2010年度 , 山梨県環境科学研究所・山梨県教育委員会 ,16-24, 2010.

住田達哉,伊藤 順一,宮地 良典,七山 太,野田 篤,高田亮 ほか17名,地質分野有志企画「ジオ ドクトル 2010」コース.0GSJニュースレター ,地質調査総合センター,71,3, 2010.

高田亮,林信太郎,荒牧重雄,アナログ実験テキスト,理科教員研修会ー体験で学ぶ火山ー 実施報告書2009年度 , 山梨県環境科学研究所・山梨県教育委員会 ,36-81,2009.

高田亮,林信太郎,荒牧重雄,アナログ実験テキスト,理科教員研修会ー体験で学ぶ火山ー 実施報告書2009年度 , 山梨県環境科学研究所・山梨県教育委員会 ,40-86,2009.

住田達哉,伊藤 順一,名和 一成,宮地 良典,七山 太,高田亮 ほか8名(2009)地質分野有志企画「ジオ ドクトル 2009」コース.0GSJニュースレター ,地質調査総合センター,59,6, 2009.

高田亮,林信太郎,荒牧重雄,アナログ実験テキスト,理科教員研修会ー体験で学ぶ火山ー 実施報告書2008年度,山梨県環境科学研究所・山梨県教育委員会 ,36-81, 2008.

高田亮:アナログ実験テキスト.  小中学校教員研修会 -体験で学ぶ火山- 2004年度実施報告書,山梨県環境科学研究所,27-64頁,2007.

高田亮,林信太郎,小山真人,相原延光:小中学校理科教員研修会 ー体験で学ぶ火山ー アナログ実験テキスト,山梨県環境科学研究所,38p, 2007.

高田亮:アナログ実験テキスト.  小中学校教員研修会 -体験で学ぶ火山- 2006年度実施報告書,山梨県環境科学研究所,37-75頁,2007.

高田亮,林信太郎,小山真人,相原延光:小中学校理科教員研修会 ー体験で学ぶ火山ー アナログ実験テキスト,山梨県環境科学研究所,38p, 2006.

高田亮:アナログ実験テキスト.  小中学校教員研修会 -体験で学ぶ火山- 2005年度実施報告書,山梨県環境科学研究所,51-88頁,2006.

高田亮 :富士山の地質総合的研究:進化する火山の中長期予測のために,産総研技術開発カタログ,丸善, 730-731,2005.

高田亮,林信太郎,小山真人,相原延光:小中学校理科教員研修会 ー体験で学ぶ火山ー アナログ実験テキスト,山梨県環境科学研究所,39p, 2005.

高田亮:アナログ実験テキスト.  小中学校教員研修会 -体験で学ぶ火山- 2004年度実施報告書,山梨県環境科学研究所,37-75頁,2005.

高田亮,林信太郎,小山真人,相原延光:小中学校理科教員研修会 ー体験で学ぶ火山ー アナログ実験テキスト,山梨県環境科学研究所,39p, 2004.

高田亮: 第4章 進化する富士山;こんな富士山に挑戦(4.1),割れ目噴火と岩脈が語る噴火史(4.2),将来予測へ向けて(4.4)(4.4のみ 高田亮,山元孝広共著),  火山 -噴火に挑むー. 丸善,(4.1)205-222;(4.3)233-249;(4.4)250-256,2003.

高田亮:日本火山学会編,Q&A 火山噴火,分担執筆 Q29など,ブルーバックス,講談社,68-69,2001.


4.その他 5件

高田亮,「遊んで学ぶ火山噴火」パンフレット,つくばフェスティバル2010 地質標本館出展, 2010.

高田亮,「実験で楽しむ噴火の謎,遊んで学ぶ火山噴火」パンフレット,つくばエキスポセンター 研究機関等紹介コーナー 産業技術総合研究所展示関連イベント,2008.

日本科学未来館 協力「Meet サイエンティスト!宿題祭り」 火山の実験パンフレット,『サイエンスニュース!アジア展 ~アジアの力、科学の力、を伝えます』,2007.

Miyagi, I., Kawanabe, Y., Takada, A., Sakaguchi, K., Takarada, S.: A Collection of Unzen Video Clips, 地質調査総合センター研究資料,469, 2007.

地質標本館,高田亮;地質標本館特別展 富士山 現在・過去・未来 DVD版,2003.