シースルー火山1

一般普及テキストyi_ban_pu_jitekisuto.html
HomeWelcome.htmlWelcome.htmlshapeimage_3_link_0
 

内部が透けて見える火山.マグマの発泡から噴火まで,噴火から溶岩流の流れ方までが見える実験.

2012.12.5改訂

(1)火山の製作:ペットボトルを中心に透明ビニールシート(大きなビニール袋を広げればよい.)をかぶせて火山をつくる(右図).尾根と谷,裾野ができる.ペットボトルのキャップにはキリなどで穴をあけておく.


(2)マグマを注入:ペットボトルに,トマトジュースと洗剤を入れる.

実験1−1(右図)..溶岩流のような,爆発でない噴火の実験では,入浴剤または,重曹とクエン酸を入れる.液体洗剤を入れる.最後にトマトジュースを入れる.


実験1-2(右図).爆発的な噴火の実験では,重曹とクエン酸をいれる.最後に,水かジュースを入れる.入浴剤では泡の柱があまり上がらない. また,トマトジュースも泡の柱が上がらない,


(3)実験開始:泡が吹き出してくる前に,急いで.ペットボトルのキャップをしめる.


(4)観察:実験1-1では,溶岩の流れ方,通り道,到達距離などをしらべる.石けんの量により,粘り気を変えてみよう.

実験1-2では,泡の柱の変化,降下火砕物のような泡のしぶき,最後に溶岩流になることを確かめよう.


実験例:

越谷科学技術体験センター(ミラクル)(2012.7.8)

2012年度産総研一般公開

2012.7.21)

地学オリンピック選抜合宿

2012.8.22)

霞ヶ浦市美並小学校(2012.10.19)

筑波大学学部講義(2012.12.1)