「マグマの上昇(じょうしょう)と噴火(ふんか)」
基本的(きほんてき)なこと:地球内部(ちきゅうないぶ)でとけたマグマが上昇(じょうしょう)して噴火(ふんか)するまではみえない(図2).それをアナログ実験(じっけん)マジックでみてみよう.ゼラチンをのびちぢみしてこわれる地球(ちきゅう)に,ジュースをマグマにする.とうめい容器(ようき)にゼラチンをかため,そこからゼラチンよりかるい液体(えきたい)をいれると,クラック(われめ)ができる,その上昇(じょうしょう)から割れ目(われめ)噴出(ふんしゅつ)までを観察(かんさつ)する
よういするもの:10cm程度(ていど)の透明(とうめい)ポリプロピレン容器,チューインガム,ストロー,ビニールチューブ,コップ,ドライバー,ゼラチンパウダー,砂糖(さとう),ジュース(色(いろ)のこいもの,トマトジュース,ぶどうジュース,---),お湯(ゆ),なべ,わりばし,冷蔵庫(れいぞうこ)
あそびかたレシピ 図(ず)をみてね
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

準備の注意(じゅんびのちゅうい):
(1) 容器(ようき):10cm程度の透明(とうめい)ポリプロピレン容器(100円ショップ)がよい,おおきいペットボトルでもよい.
(2) 容器底(ようきそこ):チューインガムのかわりに水漏れ用(みずもれよう)接着剤(せっちゃくざい)をつかうと清潔感(せいけつかん)がある.
(3) ゼラチン溶液: ジュースを注入(ちゅうにゅう)するときは,ゼラチンをおもくしよう.たとえば,砂糖(さとう)を250g程度とかして1リットルのゼラチン液(えき)をつくると,その密度(みつど)はおよそ1.1g/cm3となる.浮力(ふりょく)は2.5倍(ばい)となる.実験時間(じっけんじかん)も短く(みじかく)なるよ.ゼラチンはたべるぐらいのやわらかさがよい. 砂糖(さとう)なしのゼラチンでは,みずよりかるい油(あぶら)に油絵の具(あぶらえのぐ)で色(いろ)を付けて,ゼラチンに注入(ちゅうにゅう)しよう.
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------------------
参考
学会発表実験動画(2005)

文献
日本火山学会ほか(2007)こども火山フォーラムin島原.第14回公開講座テキスト.日本火山学会・九州火山ネットワーク・日本火山の会.
日本科学未来館(2007)おいしい火山の作り方.おみやげレシピ.
高田亮 (2003) アナログ実験で火山と遊ぼう,地質ニュース,地質調査総合センター,591, 24-27.
高田亮 (2004) 身近な材料で体験するマグマの上昇,理科教育ニュース,少年写真新聞社 , 609,1.
高田亮(2006)「マグマの上昇と噴火」のアナログ実験:地球がゼラチンにマグマが油に.地質ニュース,627,7-12.
高田亮・竹内晋吾・並木敦子(2008)つくば市の学校教員との火山実験.地質ニュース,地質調査総合センター,643, 12-14.
山梨県環境科学研究所・山梨県教育委員会(2005)小中学校理科教員研修会 ー体験で学ぶ火山ー 実施報告書2004年度,山梨県環境科学研究所発行.91p.Analog_exp_%282005%29.htmlhttp://apple.excite.co.jp/shapeimage_2_link_0
一般普及テキストyi_ban_pu_jitekisuto.html
HomeWelcome.htmlWelcome.htmlshapeimage_4_link_0