街角火山学

HomeWelcome.htmlWelcome.htmlshapeimage_2_link_0
 


地球惑星科学連合大会2012年発表


自然科学の現象は基本的な仕組みが同じならいろいろなところに同じ現象が現れる.しかも時間空間スケールが異なっても,形態が類似することがある.火山のない地域や都会の子供達でも,日常体験できる地学現象,火山現象に類似した現象はたくさん見つけることができる.本論では火山に関わった現象を中心に紹介する.日頃から地学的な目を養うことができる.この視点が,身近に火山噴火,地震,斜面災害などが起こるとき,異常現象の検出や避難などに役に立つ.また,都市工学,建築などの分野にも関連する話題でもある.実行するにあたっては,散歩がてらに個人的に観察することもできるし,集団で観察会を開くこともできる.


 割れ目watching:道路や建物内には多くの割れ目が見られる.地盤沈下や斜面による局所的なテクトニクスに支配されているの,植物の根の貫入によるもの,など様々である.原因を考えながら,マッピングすると面白い.引張割れ目,正断層,横ずれ断層,逆断層などが観察できる.中には,陥没現象を見つけることもある.


 砂山:工事現場の土や砂の山がつまれていることある.現場の許可をとって入ると,火山に見立てた斜面現象が観察できる.斜面の安定角,不安定な斜面の割れ目,崩壊地形,雨による浸食地形,グランドキャニオン,扇状地など盛りだくさんである.また,公園の砂場で積極的に実験するのも面白い.

2012JpGU-machikado.pdfjie_jiao_huo_shan_xue_files/2012JpGU-machikado.pdfjie_jiao_huo_shan_xue_files/2012JpGU-machikado_1.pdfshapeimage_3_link_0