岩脈(一般貫入岩を含む) 写真

マントルからのマグマの通路は,クラックを利用した岩脈.マグマの物性と供給量,地下の物性や応力場に応じて,様々な形態の岩脈(一般の貫入岩)ができる.


岩脈の構造:母岩の変位や断層など脆性破壊,塑性変形が観察できることがある.内部構造は貫入ー噴火過程を記録している.複合岩脈(composite dike)と重複岩脈(multiple dike).火口直下の地表付近では,発泡・噴火過程も観察できる.


岩脈の形状:マグマの供給量と,マグマと母岩の物性,応力場により,岩体の形状が決まる.


小規模岩体(岩脈,岩床)

岩脈,岩床(垂直でない傾いた岩脈),シル(地層に平行)

岩脈(揮発性成分の多いマグマ(kimberlite, carbonatite)):角礫岩などを多く含む

環状岩脈,コーンシート

   例:Gran Canary, Galapagos, Namibia, South Africa


大規模岩体(斑糲岩,花崗岩)

岩床,シル,ラコリス(上に凸),ロポリス(下に凸)

 

火山の断面とマグマ供給系の内部構造  写真

第四紀火山の岩脈群:火口,山体崩壊壁,カルデラ壁,海蝕崖

富士,伊豆大島,三宅島,青ヶ島

浸食された第四紀火山:

子持山,愛鷹山,黒富士, etc.

Rinjani,Krakatau, etc.

古い浸食された火山

Hawaii,Iceland, 設楽,etc.

オフィオライト

HomeWelcome.htmlWelcome.htmlshapeimage_2_link_0